topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんだけドリフト出来たら気持ちよーてしゃーないやろナー!! - 2007.02.22 Thu

最近のMYブームである【ドリフトカテゴリー】の先駆けというべきか、”TEAM YOKOMO”の熱いHPをちょくちょく拝見しています。


やはりこのお方にかなう者は到底いないではないかと言う感じの御大の

ドリフトです!


http://www.driftpackage.com/movie/driftpackage_6300.mov


ほんまに”オン・ザ・レール”というか、スライドしているにもかかわらずグリップ走行のように安定をした走りが出来る!


まさに”神”の領域ですね(^^)。


アルテッツァ



先日の”タミグラinオートメッセ”での半ドリ走行(?!)の余韻も覚めやらぬまま今度は””ワイン城”での【クラージュ・ワンメイク】の
レースへと移行するわけですが、両方のスタイルをマスターするにはこれから相当な道のりがある事であろうと予測されます(笑)。



今までいろいろなレースに出てきましたが(タミグラだけやろ)、
これから重きを置いて突き詰めようと思う事は、”間(ま)”です。



何事にも”間(ま)”が存在しておりこの存在が極めて結果に左右するということは理解できるのですが、ある種”間(ま)”を体得するには
センスや経験が必要な気がします!




ソアラ




たとえば、コーナーにアプローチするときにも”それなりの
”間(ま)”を持ってないとオーバースピードでコースアウトしたり、
ステアを速めに切り過ぎてフェンスにヒット!ってなことになるのが
オチですよね!


それには自分なりのマシーンのセッティングやそのときの精神状態やフィジカルの状況etc.とにかくいろいろな要素が絡んでくるのですが、
”間(ま)”を体得していれば、感覚的に状況を打破したり反射的に切り抜けたりと自分の思っている以上のパフォーマンスを発揮できる可能性があるからです。【めちゃめちゃ解りにくいですねー(^^)】。


要はさまざまな状況下で起こりうることに対して頭だけでなくて
【体(たい)】をもって切り抜けていく事が自然に出来る事ですね。


広坂 正美師はまさにそれを極めてらっしゃるお方だと僕なりに思うのですが・・・。


’07BRITZ R34




その為には積極的にレースに出て、実際に経験をして得ていくしかないと思うのです!


P.S なんかわかったような解らんようなことを書いていますが言いたいことはなんとなく理解してもらえますでしょうか?!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jmtr314.blog88.fc2.com/tb.php/31-68e5886a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今度のレースへの参戦はいかに・・・。 «  | BLOG TOP |  » タミグラカテゴリーの裏事情?!

プロフィール

” J ” (じょに~)

Author:” J ” (じょに~)
当方RCカー暦約11年の万年ビギナーのアラフォ―おやじです。
中学生当時にマイティーフロッグやAYKクワトロ4WD〔解る方は同年代やね(笑)。〕でデビューしたものの、あえなく撤退してはや20数年!イヤーこんなに嵌まるとは思いもよらんかったですわー。
”じょに~レーシング ”のセカンドドライバーを務めています(笑)。
このブログはあくまで自分の・自分による・自分の為のBLOGですので(笑)、そっと見守ってやってください!【でもご指導いただけたら幸いです(^^)。】

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。