topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇治天サーキットでの走り! - 2008.04.09 Wed

宇治天グリップサーキットMY ライン


この前の宇治天での自分のラインの分析をしようかな~思いますが、あまりうまく描けていないので
あくまでイメージとして捉えていただければ幸いです(^^)>。

まず、路面はタミグラのオートメッセでもおなじみの”パンチカーペット”路面でグリップはあまり良くは
ありません。
したがって当然レーシング走行ではグリップ剤&ハイグリップタイヤは欠かせない感じがしました。

僕は大概どこのサーキットへ行ってもタミグラレギュでの走行しかしないんで、このコースはなかなか
骨がいりますp(*゜▽゜*)q(って言うかグリップ剤のノウハウが皆無なのですわ・・・)

まあ、もっともタミチャレレギュぐらいのスピード域なんで、さほどグリップ剤の必要性を感じないという
のが正直なところなんですが・・・。

そんなこんなで早速GT-3700でのシチュエーションで走行開始!

NSX 



まず奥のストレートを颯爽と走ると高速コーナーの①コーナーが見えてきます。
ここは極力インベタを心がけてウッドウォール(木のフェンス)にかすらないよう気をつけながら。

スピードが乗ったところでヘアピンみたいな②コーナーに飛び込みます。
ここは次の③コーナーへの進入を重視して少しアウトへはらみながらクリップに対して
直角に進入した方が脱出が早くできますd(-_^)good!

この②コーナーでのコーナリングのスピードが③コーナーをクリアする上での鍵っすね!

そして一見シケインに見える③コーナーは大体がコーナー真ん中のいやらしい位置にある
パイロンを気にしてジグザグに走ってしまいがちですが、ここは男のど根性でパイロンに
触れるか触れないかの所までマシンを載せてやります。

(時々パイロンに引っかかり犬の立ちしょんべんのごとくになりますがここはこらえて・・・。)

するとラインのようにうまくコーナリングできます。(絵では簡単そうですが実際はどうか・・・)
それからまたまた鋭角な④コーナーが立ちはばかります。

ここもなるべく丸く廻って失速しないように切り抜けたいっすね!
あまりインを狙いすぎると立ち上がりが遅くなりがち。

スピードを上げてうまく立ち上がると⑤へのアプローチを考えんといけません。

ここのラインは比較的自由度があるのですが、僕的には⑤コーナーの
クリップに直角に進入したいんでなるべく大きめに
廻りますね○(^^ ) oイケイケ o ( ^^)○ドンドン


そして、⑤コーナーをすぎるとまたまた右手にいやらしいパイロンちゃんがいはりますので(笑)、
ここも③コーナーと同じくパイロンを怖がらずかすめるように丸ーく出来るだけステアを切らずに切り抜けます。

そして⑥コーナーに進入!!
このコーナーにもいやらしいパイロン君が現れるので勇気を振り絞ってインベタでクリアします。
しかしこのパイロンになってしまうと
回転レシーブをせざるを得ない状況にo(TヘTo)


⑦コーナーを出ると同時に徐々にスピードを上げながらインへ切れ込むのですが、コーナー途中で
これまたいやらしいフェンスがあって何度か僕は当たりそうになってスピードが上げれなかったので
まあ、少し真ん中よりを沿って走ったほうが安定してよいでしょうね!

とまあ、この内容はたぶん一度コースを実際に走られた方でないとイメージが湧かないと思うので
興味のある方は一度コースへ行ってみよう!!っすね(^- °*)

宇治天グリップサーキット②


もし、コースを走られた方で自分なりのラインや攻略方がおありでしたら、こちらまでドシドシお知らせください!
何も景品は出ませんが♪~( ̄ε ̄;)

クリア アサヒ


今、嵌まっているのがこのビールいや、リキュール(発泡性)①の”クリア アサヒ”。
やっぱりアサヒの風味が自分には合いますわ(●^o^●)v


スポンサーサイト

● COMMENT ●

カーペットって難しそうですね

やはりカーペットは独特のノウハウが必要な感じですね~
私は木枠が怖くていまだによう行きません(笑)、ライトサーキットの鉄柵や茨城の木のフェンスも一撃必中のイメージがあり、ちょっと当てると壊れるイメージがあり・・・運転の下手な私には敷居が高い感じです。(笑)

Re>カーペットって難しそうですね

おおー!ぷあえもんさん、コメントありがとうございやす(笑)。
>やはりカーペットは独特のノウハウが必要な感じですね~
僕もまだラジ天池田があった頃はちょくちょくコースに出向いて
走らせていましたが、あの店は特に手馴れなエキパさんがかなり
いらっしゃって自分みたいなビギナーなんかが走れる雰囲気じゃ
なかったけどお構いなしに蛇行運転しておりました(爆)。
確かに敷居が高い感じはしますが、何事も当たって砕けろって
感じでいきゃぁ自然と上達すると思うんで、いっちょTRYしてみてください(^^)。
ポイントはタミグラレギュでの走行では、僕的にはサスが動きやすいメカニカルグリップが取れるセットでリバウンドを少し多めにしてやるとそんなに苦にはならんとです。
タイヤはインナーにスポンジを使用してやればグリップも確保できますよ。
他はさほど違いはないと思いますが・・・。
>私は木枠が怖くていまだによう行きません(笑)・・・
そうそう(笑)。最初は僕もそうでしたが、いつの間にか
側壁が気にならなくなってきましたよ!
というか、当たり方がうまくなったといった方が正確かも(笑)。
その点ブレスはマシーンにはやさしいサーキットですね(^^)。
いよいよタミグラの予備予選の結果が着ますね。
さーぁ、どうなることやら・・・。




コース攻略図、とっても面白くて、じっくりとみました。
そんなステキなカーペット路面があるんですね。タミグラカーペット練習に最適だと思います。

実際の場面では路面が違いますが、カーペットでのシマンの動きを掴むのと、
セッティングの方向性を見るのに、とっても便利です。

静岡県にもカーペットコースがありまして、タミグラ名古屋や大阪に遠征するときには、
徹底的に僕は練習しています。タミチャレファイナルでもカーペットですから、
去年は徹底的に行きました。カーペットの場合、セットのほかにタイヤの使用方法も
経験出来ますから、リアリティがあって良いと思います。

写真で見る限り、すごい興味がわきました(笑

おひさしぶりです!

サノタケさん、おひさしぶりです!
>コース攻略図、とっても面白くて、じっくりとみました。
絵を描くのがへたくそでわかりにくいとは思いますが(笑)、実際にコースを
走行してふと自分のライン取りというのが気になったんで頭に焼き付ける為に
書いてみました。実際アクセルOFFのタイミングが遅かったりして(笑)。愛嬌愛嬌!
>セッティングの方向性を見るのに、とっても便利です。
タケさんが言われている”走らせやすいMyセット”というものが徐々に自分的に
は定量化できてきたんで、Myセットでのライン取りはこうゆう感じになるんだと自分で
復習できますわ(^^)。
コースの大きさは比較的狭いので23Tでの走行は勇気が要るので僕はGTチューンと搭載のギヤ比6.0での走行です。スピード域が高くないんでこのような余裕のあるライン取りができるのでしょうね?!
後からあのタイトなコーナーを失速せずに回るには・・・って考えるのもトレーニングの一環
かなと。
>カーペットの場合、セットのほかにタイヤの使用方法も 経験出来ますから、リアリティがあって良いと思います・・・
カーペット路面でのタイヤの選択は自分で試して見ないとわかりませんね~。
今回1パック目に”ストチャレ”仕様の05でタイヤが550円ラジアルで走行させましたが、
それはそれはスケートリンクの上みたいに滑ってました(笑)。
そういう時はメカニカルグリップが物を言うのでしょうか。
タイヤとサスとのバランスが難しい~っすね!
コメントありがとうです(^^)>。
タケさん、また遊びに来てくださいね!。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jmtr314.blog88.fc2.com/tb.php/133-45c2a27e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いざ、西神へ出陣! «  | BLOG TOP |  » 練習って、大事だぁ~ねぇ~!

プロフィール

” J ” (じょに~)

Author:” J ” (じょに~)
当方RCカー暦約11年の万年ビギナーのアラフォ―おやじです。
中学生当時にマイティーフロッグやAYKクワトロ4WD〔解る方は同年代やね(笑)。〕でデビューしたものの、あえなく撤退してはや20数年!イヤーこんなに嵌まるとは思いもよらんかったですわー。
”じょに~レーシング ”のセカンドドライバーを務めています(笑)。
このブログはあくまで自分の・自分による・自分の為のBLOGですので(笑)、そっと見守ってやってください!【でもご指導いただけたら幸いです(^^)。】

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。