topimage

2007-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺のなくてはならない相棒!! - 2007.03.28 Wed

3PK ③



僕がRCカーの活動再開をしてからすごく進化を感じた物のひとつに

【プロポ】があります!


これは今では本当になくてはならない僕の”相棒”である

〔FUTABA 3PK〕というホイラー型プロポです。


まず思ったのは、「これで走行ラップタイムやスピードなんかを計りながら操縦できるんかなぁ?!」とまさに勝手な想像をかもし出した
逸品ですね(笑)。



3PK ②



こーんな事をしたり、

3PK ④



こーんなところにこーしたりで、自分なりにカスタマイズしてみるのも

ひとつの醍醐味ですね!



このプロポを使いだしてからというもの、以前の自分の腕からは想像

できないくらいに腕が上達したかのように
(それは単なる錯覚に過ぎないでしょうが・・・。)

とにかくうまくなったようなヘンな錯覚を覚えました!


まるで、ガン○ムのワンシーンに出てきそうなフレーズを口ずさまずにはいられない衝動に駆られたのは言うまでもありません。



ニュータイプ現る



本当に自分のマシーンがまるでララアのエルメスのようにリニアに

動く・動く!

「見えるぞ!ララアの動きが見えるぞ!!」


それはオン・ザ・レール感覚のように路面を吸い付くように走らせる

事ができたのでした。(ちょっと大げさではありますが・・・。)


でもこのプロポにはさまざまな機能が付いていて、なおかつシステム

自体がハイ・レスポンスであるため、今まで使っていたエントリー

モデルの物とは比べ物にならないくらいの違いが感じられるのです!

(ほんまに感じれてるんかいな!)




3PK⑤




本当に持ったときの感触といい、意外と軽量なボディといいこれに
スイッチするだけでほんまに自分がプチ・エキパになった気分

〔あくまで気分だけでっせ(笑)!〕


になれる、本当に夢膨らむアイテムである事はいうまでもありまヘン!



3PK ①

スポンサーサイト

04もなかなかのシャーシですぞ! - 2007.03.25 Sun

TA-05とTA-04の兄弟対決



我が”じょにーレーシング”のエースドライバーである【たっくん】の
マシーンは当時ツーリングシーンに衝撃を与えた名車でまだまだ現役バリバリの”TA-04R”であります!


純レースモデル「TRF414」のタミヤGP版として、設計の段階から
国内でのタミヤGP仮設コースでの走行を念頭において設計されたモデルがこの【TA-04】というシャーシと言う事でした。



当時としては本当に画期的でコストパフォーマンスの優れたシャーシで
あった事は皆さんもご存知のとおりですが、
何しろシャーシ重量バランスが良いということがポイントですね!


現在の主流である”TA-05”と比較してもこの重量バランスという
点ではぜんぜん引けを取っていない感が感じられるのですが、
”TA-04”の持ち味である【安定感】をかもし出している原因は
センター横置きバッテリーの配置でしょうね。


両者の重量バランス



重心こそ高いものの、バッテリー=重量物が重心近くにあるということはそれだけコーナリング特性に良い影響を及ぼすものとされているので
当時としては、理にかなった配置だったのでしょうね!


両者のシャーシ幅比較




当然バッテリーが横置きなので必然的にシャーシ幅が広く取らざる得えんのでしょうが、そのおかげか地に付いた安定感のある走りを可能にすると思います。(単にそれだけの要素だけではないという事は解っていますが・・・。)



04のスパー廻り


05のスパー廻り



重量配分のバランスはなかなかの物だったのですが、コーナリング
特性に叙実に表れてしまう【重心の高さ】はやはり旧型らしく
まだまだの感が感じられますね。

【単純に05と比較してスパー上端までのハイトが約倍の高さもある(笑)】


これではやはり05にかなわないですね!
でも、シャーシの厚みはほとんど05と変わらないくらいの薄さです。



04の重心

05の重心




とにかく04はいろんなシチュエーションでも無難に走ってくれる
”オールマイティーな優等生”的なイメージがピッタリだと僕的に
思う訳ですが、今でこそ【TA-05】という不朽の名車に台頭さ
れた感はありますが、”04R”には独自の良さがあることを他の
賢明な皆さんも解ってくれていることを祈りつつ、これからも
老体に鞭を打ちながら走らせて行きたいと思います(^^)。


【やっぱ、良いもんは何時までたっても良いもんヤネ!】



TA-04R PRO








M-03R!これも欲しなったやんかー(笑)。 - 2007.03.21 Wed

M-03R]



巷で熱く盛り上がっている”ミニシャーシ”ですが、最近話題の


〔M-03R〕が急に欲しくなってきたんです!


去年に一度ヤ○オクで”M-03”をUSEDで購入したんですが、
お遊び程度にしかかまってやれず、3ヵ月後くらいに嫁がせてしまった
経緯があるのです。(いまさら後悔!)


いろいろM-03の事をサイトで調べてみるうちに結構いじるところ
があるじゃんっという結果が!


そりゃー、エキパの人が嵌まるのも納得!って感じが理解できます。


ミニ・クーパーレーシング



特にフロントの足回りにポイントがあるそうでそこを重点的に改造する事で飛躍的に走りが豹変する

?!らしいです。


リヤもグリップを確保するためにダンパーの具合やらウェイトでのバランス調整など結構バランス造りを余儀なくされるみたいですね。


あと、メカの搭載の仕方でもかなり低重心化に影響するという事なので
いろいろ研究がいりそうですね。


今度タミヤからリリースされる〔M-03R〕ですが、シャーシの
ブラックメタリック化はさておいて(笑)、まずOP類の充実の仕方が
半端ないのが買いですね!



新規に開発されたパーツとして、

・アルミフロントアップライト(ブルー)(新設計、軽量タイプ)
・アルミリヤアップライト(ブルー)(新設計、軽量タイプ)
・アルミサーボステー(ブルー)
・CVAダンパースーパーミニ(新色クリアーブルー)
・TRFダンパーショートスプリング(ソフト、ミディアム、ハード)
 (全てホワイト)
・アルミモーターヒートシンク(ブルー)  など


そして、フルベア・60Dラジアルタイヤ付属、さらにスイフト用
メッキスポークホイールも付属と本当に充実した内容ですね。


RCショップで実売が12000円程の値段でこの内容とは
買うしかありまへんナー!!


”BeaT”の地に付いたツーリング張りの走りも魅力ではあるのですが
やっぱり”M-03”のコミカルでスリリングな走りもやはり
捨てられませんねー!




スイフトチャレンジ1600

過去を振り返るのはあまり良くはないのですが・・・。 - 2007.03.18 Sun

この動画は昨年の【タミヤGPinワイン城(6月10日)】の
GTジャパン06 での自分の走りの模様ですが、この時から
コンスタントに決勝に進めるようになってきたところです。


このカテゴリーはイコールコンディションで行われ、しかも
スペックがあえて厳しい(劣る)状況のレースでして、
自分的には逆にやる気が出て燃えてしまうのが好きな理由です。







第1ヒートで痛恨のミスによる”リタイヤ”を喫したばかりなので、
否が応でも気合の入る場面でしたが、そういうときに限って何かが
起こるのが世の常(笑)。


案の定スタートでフライング気味(?!)に出てしまい、かなり動揺
してしまったのでした。


でも意外とそのときは冷静に対応できたので、何とかペナルティを
免れたのでした。(フーゥ、あぶねっ!)


いざオープニングラップを過ぎた段階でなんと!【2位】になって
いたのには自分が一番驚いたことだったっす(^^)。



TA-05整備中




この時のマシーンのセットは”GTジャパン特設仕様”のもので、
って言っても、キャンバーやトー角は特にいじらずアッパーアーム
の長さを短くしてサスを動かす方向で決めました。


シャーシは今回から〔カーボン軽量〕に換装し、その他バルク・
ステフナー類も軽量しようとして、結構車重も軽め(それでも
1530gくらいかな・・・。)に仕上げました。


その効果からか(怪しい・・・。)コーナースピードも以前よりも
向上した感じがして、軽快な動きを見せてくれていたもんやから、
気分が乗ってきて”攻める、攻める!”


随所で同じ方と【サイド by サイド】のまさに白熱したバトルが
できたのもすごく自信になったのでした。


自分的にもこの時の走りが結構”絶頂期”だったんかなー(爆笑)
と思ったりなんかして・・・。


今回の要因は自分的には”ノーマルサスで路面追従性をあげて、
なおかつフロントダイレクトの安定したコーナリングによる
安定感から来る攻めの姿勢が好結果を生み出した”と分析します。

〔大げさやなー(笑)〕


ひょとしてフロントスプールが自分のドライビングスタイルに
合ってんのかなーとか思ったりして・・・。

でももう1ステップ2ステップ上がるのには”フロントワンウェイの
装着での激走”
を克服しなければ、〔Aメイン〕への道はまだまだ
遠いですね。


ふと考えてみると、レースでの結果は日頃の練習の賜物であることは
当たり前田のセサミハイチですが(さぶー)、もうひとつ大事なのは
【メンタリティー(心理面)】であることを痛感させられましたね。


先日のタミグラでも尊敬している方(S○F氏)でさえも、そのときの環境や状況によって実力を十二分に発揮できない局面もある事をまざまざと見た事でも実証されると思うのですが・・・。
(マシーンもいい感じに見えていたのにいかんせん運に見放されておられた・・・。)


いくら練習を積んでレースに望んでも、マシーンのセットがはずれて
いたら攻めるにも攻められないことや、逆にマシーンのセットが
決まっていたら少々調子が悪くても次第に調子を取り戻して良い
結果が出たりとなかなか奥の深い物ですね。


TAMIYA GT ボディ勢

車はやはり男のロマンでしょう! - 2007.03.16 Fri

MR-2



最近特に1/10サイズでの”ボディのラインナップの充実”ぶりが
うれしくなってきた今日この頃!


気になるボディといえば、ABC HOBBY の”MR-2”です。


これは僕がちょうど大学生の時くらいに流行った”実車”ですが、
ミッドシップということもあり、結構注目の的だった記憶があります。


その当時は僕的にはあまり好きではない形だったのですが、連れとかは
結構好きな奴がいたモノでした(^^)。


”2シーター”というのが魅力であるのでしょうが、もてないおいらにはあまり実用性に欠けたので
〔だいーぶ、ひがみ入ってます(笑)〕


見向きもしなかったのですが、結婚して4ドアに飽きた昨今あの
カップル向けに創られた感のある”エロイ車”に今MY BOOMが
押し寄せてきたのは事実です(^^)。


というのは、昨年東京のメガ・ウェブ(お台場にあるトヨタのショー
ルーム)で実車に試乗できるコーナーがあって、実際に好きな車種に乗ってコースを走行できる機会があったんですが、
迷わず僕は”MR-Sカブリオレ”に乗っちゃいました(笑)!


その感想といえば、”若いギャルを横に乗せて海岸線を走って夕暮れを見てその後は・・・。”ってシチュエーションにピッタリの車で
あることが感じられました。
〔すげー動機が不純(爆笑)〕


MR-S




”2シーター”の車って、まさに2人だけの空間っという言葉が
ピッタリな密接感の感じられる車なんですね!


奇麗ごとは置いておいて、ギャル(すでに死語や!)とねんごろに
なるためのアイテム
としては有効なものですね!


R32




一方、この車は”女、子供は横には乗せねー!”って硬派な野太い声
が聞こえてきそうなおなじみ”R32 GT-R”ですね。


どちらかと言えば、僕はこっちの方が好きなんですが、実際に実車を所有することを
考えるといかんせん僕には骨太(価格も)すぎる感があるのも事実でして・・・。


ということで、実車が無理ならミニカーでオーナーになってしまえと
言うことで持っています(笑)。


REEBOKR32




しかし、走行特性(空力)で考えると少し古いのがたまに傷です。


でも、この”野武士”をイメージする骨太なイメージこそ自分が
追い求めている姿なのかなあと納得してたりして・・・。


あと、僕が一番好きな車はレースでも安定感抜群の”NSX”です!



無限NSX




あの攻撃的なフロントマスクといい、いかにも
”エアロ・ダイナミクス”の優れた低重心なフォルム!


僕の中では”カー・オブ・ザ・マイ・ライフ”といっても過言では
ないくらい惚れています!


戦闘機のエア・ポッドを思わせるエア・インテークなんか
ほんまにレースのために生まれてきた感じがしてかっこいいでは
ないですか!


当然、タミグラのレースでもツーリングだったら”NSX”が


安定した結果が出ていますね!!
(たいした結果ではございませんが・・・)




’07NSX

やっぱり俺はタミラーやなァー(^^)。 - 2007.03.11 Sun

MY TA-05軍団



久々の更新となりました(^^)。

こんなブログでも見ていただける方がおられるということは本当にありがたいことです。


最近ネタ造りに少々スランプを感じておりまして・・・。


でも、別に編集者の担当が原稿をせしめに来るわけでもないので、
出来るだけ自然体でやろうと思います。(ぺこり)


さーァ!来るべき久々のネタというと・・・、これまたあまり良いのが
なくて(><)。


まあ、今日は僕の今はまりに嵌まっているシャーシ”TA-05”
ことについてにします。



TA-05 D-SPEC



僕は本来”RCカー”の世界に入ったきっかけが、so!

おそらく同年代の方しか知っておられないと思うのですが、【世界のTAMIYA】さんの≪アウディ クワトロ ラリー≫でした!


ちょうど僕が中学生になったばかりの時友人が(小金持ちのボンでした)
さりげなく持ってきて走らせているのを見たのが僕のたまきん、いや
魂に火をつけてくれたのでした(^^)。


そのキットはいまやタミヤを代表する伝説シャーシ
【マイティ・フロッグ】です!


その時の衝撃といったらそりゃー後ろからとび蹴りを喰らったかのようなものでした(例えがちょっと難アリ・・・。)

友人仲間での協定として”同じシャーシは買わない”との取決めがあったもんやから泣く泣く≪アウディ クワトロ≫を買ったのですが、

これが結構好きになってしもたんです!

ON・OFF両刀遣いでオールマイティでしたね。
基本的にはONで走らせることが多かったですが・・・。


まあ、結局その当時にはまずTAMIYAのシャーシが主流というか、
親しみやすかったのでしょうね!


よく、金八(徹夜?!)しながらタミヤシャーシを組み立てた思い出が
今でも残っています。


だから必然的に、僕は【タミラー】になってしまっているのですね。


まあ前置きがかなり長くなりましたが、やはり【TAMIYA】
シャーシは組み立てがし易いし、何しろパーツの構成が解りやすいので
僕には”FIT”しているんだろうね。


そして現在、【TA-05】というシャーシに出会えた喜びを噛締めているところなのですが、ほんまにこのシャーシは完成度が高いというか
操縦性はもちろんのこと、メンテやセッティングのしやすさは群を抜いていると思います!


TA-05RタミグラTAMIYA GT仕様


僕は≪TA-05≫シャーシを形こそ違えど3台所有しています。


なぜかというと、答えは簡単!!  「大好きだからー!!」です。


まず1台目はサーキットとか気軽に練習できるように用意している
いわゆる”Tカー”的なシャーシでこれはほとんど〔ノーマル〕に近い
仕様となっています。

 
換わっている所はというと、前後ユニバと前後強化ステフナーそして、
カーボンバッテリーホルダーと前後アルミサスマウント、リヤアルミ
アップライトぐらいです。〔結構OP入れているかなぁ・・・。〕


この装備でも十二分にコースでのポテンシャルは高いと自分なりに
思いますが、このシャーシのよさはやはり駆動系のバランスですね。


少々セットをはずしても意外と普通に走ってくれるところに惚れて
いますね(^^)¥。


TA-05 TN-RACING ver.




この画像は”TA-05 TN-RACING ver.”のものです。


このシャーシはいまだに”盆栽状態”ですが(笑)、近々シェイク
ダウンしたい所存ではありますが・・・。

このシャーシはかなーり”VIP 仕様”ですね。


フロントアップライト廻り



まず、サス関係はサードパーティーの雄【TECH RACING】
”TA-05用”とされるものですが、これは【MY-05】のものと
同じとされています。


結構ロングスパンで剛性も良さげなんで、かっちりした走りを想像できます。
フロントナックルの形状がタミヤのものとは違ってアッカ-マンの違いが
感じられますがフィーリング的にはどうなることやら・・・。


センターダイレクト



あと、センターには”18Tセンターダイレクト”を採用し、更なる
駆動効率の向上を目指しております!「なんかメーカーの受売りみたい
やねー」


リヤ サス廻り



リヤ廻りも【TECH】のアルミデフジョイントやら、ダンパーも
同じく〔TA-05用アルミダンパーセット〕を奢っています。


他には前後軸廻りのベアリングは”スクワット”のゴールドを使っているし、ほんまに今後悔しても遅いんですが
≪TRF-415MSXX≫
余裕で買えますがな(TT)。

でもやはりマシーンというものは、自分の思い入れやこだわりを表現するものなので、他人にとやかく言われようが気にしないっ!!って
感じです(^^)。


TA-05兄弟比較



いっぺんでいいからデートしたい!! - 2007.03.06 Tue

チェ・ジウ1



この女性はいわずと知れたそう、韓国の至宝【チェ・ジウ】さんです。


僕はこの女性が好みなんですが、今の日本の特にうんこすわりしてパンツを平気で見せてるギャル(うあー、死語や)何かには到底感じられない女の色気を感じますね(^^)。


”気品”というか上質の雰囲気がにじみ出ていて何しろ綺麗!!


ほんま、一度でいいからデートしてって感じですね!


チェ・ジウ2



表情にも季節のように四季折々といった感じ見たくそのときの表情が

感じられて、背筋がゾクゾクするのは間違ってますか?!


最近仕事の一環(?!)でいわゆる”韓国クラブ”【部活とちゃいまっせ(笑)】に行ったんですが、そこのママさんもそこそこ(わかりずらくてごめんなさい)そそられたんですが、この女性には到底かないませんね!


彼女の微笑みにはほんと”100万ペソいや100万$”差し出してもいいくらい

僕は惚れてます(^^)。


チェ・ジウ3

決勝Bメインに何とか・・・。 - 2007.03.05 Mon

いよいよ決勝Bメインのスタートです!







まあ、決勝レースはだいぶ慣れて来た事もあって比較的リラックスした
状態で望めるようになってきたんで少し余裕も出て、隣の方と一言二言
しゃべりながらスタートを待ちました。


スタートは結構きれいな感じで皆コーナーをクリアしていき順調に
走行していたんですが、ところどころで小競り合いが起こるようになり
吹っ飛ばされたり、壁にヒットしたりと少し荒れ模様の様相も見え始めてきました。


5周目の第一コーナーでやはりオーバースピードによる”巻き込み”
起こし学習能力のなさをつくずく感じたんですが、それよりも上位の方はほんま安定しているっス!


独自のセッティングの方法があるんやろナァと思うのですが、一番
大事やと思ったのは”高速ドライブでの状況判断”だと自分的に
思った次第で・・・。


日頃から”23T”あたりで目を慣らしておかんとレースでの高速
バトルでの【駆け引き】に+αができないんだーね!


これから23Tで積極的に訓練する所存でありまーす(^^)¥。


結局順位こそ4ランクは上げたのですが、TOP3にはまだまだ
及ばずってな感じ・・・。


ワイン城クラージュBメインfinalリザルト



いやーでも、すごく勉強になったんで出る意義があったんとちゃう
かな!


それと同じくクラージュAメインの決勝はほんま見ごたえのある
ハイレベルで観ていて面白いレースだったっすよ!


特にトップ争いなんかはワクワクするくらいのアグレッシブでなおかつ
クリーンなレースだったです。


レベルの高い方のレースは本当に自分の肥やしになりますね!


その他、注目の”エキスパート”Aメインではかの有名な
【STF;さのたけ氏】が参戦するということで会場中が
こぞってハイレベル・バトルを見守ってました。


たけさん自体は自分の納得のいかない精彩の欠いた走りをされて
いたのか、元気がなかったように感じました。


でも、トップが背後から来るとすかさず道を譲る辺りはさすが
一流やナァと感心させられたのです(^^)。


まあ、今回も万年”Bメイン”でうごめいてはおったのですが、
次こそは”Aメイン”の壁を破るべく腕を磨いていきたいと
思ったのでした!


タミグラ

いよいよ決戦の火蓋が切られる!! - 2007.03.04 Sun

そして、予選がスタートしてエースの”たっくん”は第7レース。
このヒートには”ジュニア”クラスの中でも自分らで言うエキパ
なメンバーが揃っていて、いきなり大変やァと思っていたんですが、
そんな感傷に浸っているまもなく第1ヒートがスタート!


たっくん Z



第一コーナーまでは2位と順調な感じだったのですが、1コーナーを
過ぎると後続からの突っつきに合いなんとオープニングラップ時には
なんと≪ビリっけつ≫に(泣)。


そうこうしているうちに「2分経過ー!」のコールが・・・。

結局ヒート最下位でのスタートと”エースドライバー”のプライドは
ズタボロに・・・。

僕がなだめるもよくF1なんかでドライバーがリタイヤして悔しがっている風景を見ますがまさにあんな状態でした(笑)。

まあ結局練習量が結果を物語っているんですが、彼にはそれが納得できない様子で・・・。(上位の子はほんまにへたな大人よりうまい!!)




クラージュ出走前



続いて僕の出番です!

いつもたいがいヒート的に始めの方になることが多かったんですが、
今回はクラージュでも一番しんがりのヒートでリラックスできました。
(といっても3ヒートしかなかったのですが・・・。)

今回クラージュは周回数ではなく、タイムアタック形式なので比較的
気持ち的に楽でしたが、でもこのタイムアタックというのが難しいんですよ、奥さん!(みの もんた か!)

何やかんやとイメトレしながらスタートの時間が・・・。

恒例の「マーシャル アンド ドライバー オンザ トーン!」のコールが


「プ--ン!」


少ーしゆっくり目にスタートして様子を見ていく作戦でしたが、走っているうちにだんだんとエキサイトしてきて気がつけば
”全開LOVERS”状態(笑)。やはりいつもの習性が身について
いるんですねー(^^)。


オープニングラップは様子見で行こうと余裕をブッコいていたら、
スタートライン付近でエンスト状態へ(?!)。


原因はすぐさまわかったのでマーシャルをしてくれた子にマシーンを
もらいモーターコードをすぐさまさしてコースに復帰することが出来たのでした。


これが”周回数”争いだったら致命傷なのですが、なんせ1周でもいいから”BEST LAP”を叩き出せば良いのでその点ラッキーでした(^^)¥。



結局第一ヒート終わって31台中18位となりました。(18秒後半)


TOPなんか15秒台のタイムを叩き出しているもんやからぜんぜん
話になりまヘン!!



”たっくん”第二ヒートはセットをリヤスプリングをイエローに変更して取付位置を一番寝かせた位置にして勝負をかけます!


しかし、日ごろの練習不足と他メンバーの迫力に負けてしまい結果

予選落ちとなってしまいやした(TT)。


まあ、彼に試練を与えとかんとこれからの成長に支障きたすのでいい経験になったのでは・・・。


M03R





BMW



俺の第二ヒートも精彩を欠き結局予選こそ突破したものの
Bメイン10番手に甘んじてしまいやした(><)。

でも、これが今の実力なのでまだまだ走りこまんとAメインへの
道のりは遠ーいですね!


                               【決勝編に続く】

予想の出来ない出来事が! - 2007.03.04 Sun

ワイン城 コース全景


昨日はタミグラin関西 ワイン城にじょにーレーシングメンバーで
(メンバーは2人ですが・・・。)参戦してきました!


タミグラとなるといつも途中で”雲行き”が怪しくなってくるのが恒例なのですが、今回ばかりは朝から晴天に恵まれて「今日こそは決勝の最後まで出来そうやな」と思っていたんですが・・・。



エース・ドライバー



7:30頃に会場に着いたのですが、すでに車検が始まっていて
ちょびっとあせったんですが、前日に前準備していたんでスムース
に車検を受けれたのです。


でも、いきなり車検で「このモーター微妙ですね?!」という結果に。

エースドライバーのたっくんのTA-04Rに積む予定の540J
がケッチンを喰らいました(><)。

というのは少々コギングが強いのではとの回答だったんですが、俺としては特別チューニングもしていないし、まさかヤ○オクで売ってそうな
”激回転540”でもないし・・・。

まあ、それだけ俺のモーター育成がうまかったんかなァって自己満足
したりして(笑)。


俺の”クラージュ”はスルーっと通るかなーと鷹をくくっていたら、

あのタミヤでも車検が一番厳しい【鬼平】ことY氏から予想外の
ご指摘が・・・。

「ウイングの全・後端のカットラインが違いますね!補強になって
 しまうんでカットしてください!」


「は、はい!」(汗)。

まあ、原因は俺がカットラインを勘違いしていただけなんですが
(^^)。

しかし、よく見てらっしゃる!!(当たり前か)

皆さんもこんなドキッとした瞬間ありますか!

車検も何とか通り、いよいよ≪コンクールデレガンス≫に入りますが

ここでほんま予想だにしなかった事件が起こってしまいます。


なんと、我が【クラージュRAYBRIG】が4台目に選ばれて
しもたやんかー(驚)!


最初いつものパターンで審査の人が手に取って見るだけかなァと
思いきや、「4台目の車はこの”レイブリッグカラーのクラージュ”でいきましょう」
と言うではありませんか!


俺はてっきり左隣の”MOMO”カラーの車か右2台隣の”DHL”
仕様
の車やばっかり思っていたので、呼ばれた瞬間頭の中が

”真っ白に”なってしまいインタビューで自分が何を答えていたのかも
忘れる始末(恥)。
(いざとなったら、面白いことなんかいえませんねー)


タミグラ コンデレ



でも、審査員の目に叶ったんやから結構いけてるっってな感じなんで
しょうな?!

選ばれた車は写真を撮っていただいて後日額に入れて送ってきてもらえるそうなので楽しみに待ってようっと(^^)。


まあ、これで今日のレースは終わったも同然状態(?!)になりながら

いよいよ決戦の時を迎えるのでした。

                       【第一部完】

たまにはRCカー以外の話題も・・・。 - 2007.03.02 Fri

常夏情緒?!


たまにはRCカーの話題を離れてプライベートな話題(いつもは何やねん)をということで・・・。

昨日はファミリーで
”ユニバァーサァル・ステューディオ・ジャパァーン”>(欧米か!)
にいって参りました(^^)¥。


USJゲート前




最近ファミリーでどっかいったかなァということで格安チケット屋で
入場券をゲットして意気揚々と向かったのですが、なにぶん平日なんで
場内はかなりゆったりまったり廻れると思ってたんですが、

なんの、なんの!今日はほんまに平日か!と思うほどごった返してました(><)。

ほんまみんなちゃんと仕事しトンか?!っと言うくらい大人が行きかってたんで(あ、俺もか・・・。)びっくりしたんですが、でもやっぱり
子供(小中学生の団体?!修学旅行でもなさそうやし・・・。)がわんさかうろうろしていたのにはびっくらこきましたね。(学校はどうしてんやろか?)


まあ、そんなことは置いといてやはり、”USJ”に来ると雰囲気
の良さというか一種”プチ・海外旅行気分”を味わえるので毎回
(2回目ですけど何か?)楽しみにしています(^^)。


そんなこんなでいよいよお待ちかねの【アトラクション】に突入する
訳ですが、これまた前回に次男坊に”スゥパァイダァー・マェーン”
(欧米か!ひつこい?)を体験させたんですがこれまた彼には

めちゃめちゃ刺激が強すぎたもんで本気泣きさせてしまったのでした。


そんなトラウマがあるもんやから、かなりアトラクションに抵抗感を

持ってます(困)。


仕方なしエース・ドライバーの”タックン”と2人で

【ジュラシック・パークライド】に挑戦しました!



アメリカンな町並み(欧米か!)



最初は遊園地でなるような”急流すべり”的なもんやと鷹をくくってたんですが、クライマックスになるにしたがってなんか嫌な予感がしてきたので身構えていると出たァー、パー!!


目の前に【ティラノ・サウルス】が迫ってくるやんかー!!


これがまた意外と迫力あって、へタしたら顔に当たるんちゃうかっていう位迫ってきたその瞬間!!


まさに、奈落の底に突き落とされるとはこの事やと言うくらい
ボートが急降下しやがって(TT)。


ヨーロピアンなたたずまい(欧米か!)



それはもうこの世とは思われへんくらい怖かったのなんの!!
(ションベンちびりそうやった)

そりゃ角度で言えばほとんど45°位の傾斜を約5秒位で急降下したん
やから≪一説によると高さ25.9mの高さ(マンションの9階)≫
正直死んだとさえ思ったのでした(恥)。


降りてから出口のところで写真(自分たちが落下している姿が映っている)を売っているんですが、”たっくん”の恐怖にこわばった顔が
この世のものとは思わせないような顔だったのでめちゃくちゃ笑えた
のでした(^^)。

あと、期間限定で”メモリアル・メダル”みたいな記念メダルを機械
で自分で作れるので(各アトラクションデザイン入り)記念に愛息
たちに作らせてやりました。


記念メダル作成



そんなこんなで楽しいひと時というものは”アッと”言う間に
過ぎるもので、我々ファミリーは車を転がして新鮮なネタの載っている皿が回転して出てくる店へと消えて行くのでした(チャンちゃん)
(某RCカー雑誌コラムで聞いたような?!)


追伸、僕はどこかへ出かけたとき広ーいスペースを見つけると必ず
このような”妄想”をしてしまいやす。

皆さんも、でしたら立派な”禁断症状”ですね(笑)!
タミグラinUSJ近くのタイムス(笑)!

こそっと!練習に・・・。(その2) - 2007.03.01 Thu

この動画は先日のコソ練の分です。(お見苦しいですが・・・。)

直線は【まぁかぁせーなさぁいっ!!(by西○ のりお)】

でもインフィールドは【わーぁ、どうーしょーう(TT)】

まあ、これが限界の走りですね(開き直り)。







ポイントは高速コーナーの入り方だと思うのですが、シャーシが軽量で

ギヤ比も5.0なので否が応でもスピードに乗り、ステアを切った際の

急激な荷重移動がたぶん原因でしょうね。


それとリヤのトレッドも現況では、フロントより約1㎜しか広げていな

いので(ホイールはオフセット0)いっそホイールをオフセット+2

に変更すればもうちょっと安定するんかなあと自己解析してます。



クラージュLC70(ADVAN)





後の中速コーナーではさほど厳しい動きを要求されなかったので、

レース当日は高速コーナーが鍵を握りそうですね!



でも、中速コーナーでもツーリングみたいに鋭角でCPにアプローチ

はせずに少しアウトから回り込むように攻めないと、挙動の変化に

追いつけずにスリップとか縁石ジャンプをしかねんので注意!!



A.SENNA



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

” J ” (じょに~)

Author:” J ” (じょに~)
当方RCカー暦約11年の万年ビギナーのアラフォ―おやじです。
中学生当時にマイティーフロッグやAYKクワトロ4WD〔解る方は同年代やね(笑)。〕でデビューしたものの、あえなく撤退してはや20数年!イヤーこんなに嵌まるとは思いもよらんかったですわー。
”じょに~レーシング ”のセカンドドライバーを務めています(笑)。
このブログはあくまで自分の・自分による・自分の為のBLOGですので(笑)、そっと見守ってやってください!【でもご指導いただけたら幸いです(^^)。】

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。